PAGE TOP

技術者向け情報

耐候性鋼橋梁の実績資料集

耐候性鋼橋梁実績結果資料集(調査年 2018度まで)

 実績資料集の第25版は、2018年度(平成30年度)までの受注情報をまとめたものです。2018年度の耐候性鋼橋梁の受注重量(橋建協会員会社分)は約2万3千トンになり、2017年度と比較して約1万7千トンの減少となっています。一方、全鋼橋受注重量は23万4千トンであり、1万トン増加となり、耐候性鋼橋梁の全鋼橋発注量に占める割合では10%と減少しました。
 耐候性鋼橋梁のアンケートを開始してから現在までに、7,306件余りのデータを収集しており、別途、日本橋梁建設協会のホームページには耐候性鋼橋梁の橋梁位置をプロットした地図データも掲載しています。これらは、耐候性鋼橋梁の調査・計画および研究などに利用できるものと考えております。

耐候性鋼橋梁の各種データ例

1.年度毎の建設量の推移

耐候性鋼橋梁の建設量

2.地方別比較

地方別比較

3.発注者別比較

発注者別比較

耐候性橋梁実績データベース

橋梁位置についてはこちらをご覧ください。耐候性橋梁実績を地図情報システムに載せました。