PAGE TOP

技術者向け情報

i-Bridge

  • 設計情報属性ファイル交換標準(案)
  • Safetracker(ただいま工事中)
  • i-Bridge適用工事

設計情報属性ファイル交換標準(案)

 鋼橋の上部工工事における工場製作では、自動原寸システムを使用し、詳細設計の2次元成果から手入力を行っており、CIMモデルを活用できていない。

 そこで、右図に示す設計者側の「自動設計システム」から施工者側の「自動原寸システム」へのデータ連携による生産性向上を目的に、両システムで連携可能な数値情報を定義した「設計情報属性ファイル交換標準(案)」を作成した。

 以下に、交換標準(案)とその仕様に沿って作成したサンプル橋データおよび自動生成された3次元モデルを示す。

設計情報属性ファイル仕様書

Safetracker(ただいま工事中)

i-Bridge 適用工事制度について

当協会では、2017 年度よりi-Bridge 推進特別WG を設置し、ICT の鋼橋事業への適用性について検討してきました。
2021 年度より、ICT 活用のさらなる推進のために「i-Bridge 適用工事制度」を施行します。

i-Bridge 適用工事 一覧

○これまでに登録された工事をまとめています。
(最終更新日:2021/12/3)