日本橋梁建設協会
ホーム English Member サイトマップ お問い合せ
Google   
橋建協会紹介 活動情報 技術情報 一般者向け情報 リンク
ご挨拶
概要
組織
会員各社
定款
事業報告
所在地


 HOME > 橋建協紹介 > ご挨拶
橋建協紹介
ご挨拶
会長

一般社団法人 日本橋梁建設協会
会長 坂本  眞
  日本橋梁建設協会は、昭和39年の発足以来、鋼橋の建設を通じて社会に貢献してまいりました。「安全・安心な街づくり」「品質の確保」「環境保全活動」「人材の育成」「地域とのふれあい」の5つの誓いを協会の役割として定め、明るい未来と夢の実現に向けて活動してまいりました。今後も引き続き『鋼橋の良さのPR』『橋の長寿命化』『技術の伝承と人材育成』『海外事業の拡大』に取り組んでまいります。
  鋼材が橋梁の材料として我が国で使われ始めたのは19世紀の末であり、100年を超え現在も使われている鋼橋は国内に多数存在します。鋼材は適切な管理を行えばいつまでも使える素晴らしい材料です。工場製品として品質の均一性が確保され、高い信頼性を誇ります。また、優れた加工性を有し多様な形式に対応できる為、景観に調和するデザインの構造物を造ることができます。このような鋼橋の持つ様々な利点を広くアピールし、市場の拡大を図っていきます。
  近年、建設後50年を超える橋梁の割合が飛躍的に増加しております。適切な予防保全を行い、「鋼橋の長寿命化」を実現するために、橋梁のドクターとして維持・保全活動に取り組み、地域の日常生活を守ってまいります。
  大規模災害時には、道路管理者との効果的な連携により命の道を継ぐとともに、優れた技術で丈夫で長持ちする橋梁を造り、安全・安心に生活できる街づくりに協力してまいります。
  また、少子高齢化による生産年齢人口の減少に伴う、「担い手確保・育成」につきましては、長時間労働の是正を始めとする就労環境の改善や、生産性の向上などを進め、業界の魅力アップに向け活動してまいります。
  海外事業では、日本国内での長大橋架橋技術や維持管理技術を活かせる海外プロジェクトに参画し、各国の社会基盤整備に貢献してまいります。
  今後とも関係各位におかれましては、当協会に対する引き続きのご支援、ご協力を賜りますようお願い致します。


ページトップへ


※当サイトで使用している画像や文章には全て著作権がございます。
個人情報保護方針 ご利用に関して
Copyright(C)2008 Japan Bridge Association Allrights Reserved.