日本橋梁建設協会
ホーム English Member サイトマップ お問い合せ
Google   
橋建協会紹介 活動情報 技術情報 一般者向け情報 リンク
技術短信(新技術・新工法)
鋼橋のアプローチ
鋼橋の製作
鋼橋の架設
橋梁年鑑データベース
技報データベース
鋼橋Q&A
協会誌「虹橋」
技術情報
鋼橋の統計データ


 HOME > 技術情報 > 技術資料
技術情報
技術資料

新しい長支間橋梁
[ もどる ]
技術カタログ「新しい長支間橋梁」を抜粋した要約版を示します。詳細は掲載しております「PDFファイル」をご参照下さい。
複合ラーメン橋
ラチストラス橋
合成斜張橋
カタログ
PDF(約1.5MB、16頁)


複合ラーメン橋

 少数主桁複合ラーメン橋は、少数主桁橋とRC橋脚とを剛結した形式で、少数主桁橋に比べて長支間に対応できるとともに、耐震性や耐風安定性が飛躍的に向上する。特に、山岳部において、張出し架設工法を用いることにより、現場条件に左右されない合理的な架設が可能となるなどの利点がある。



今別府川橋


二重合成複合ラーメン橋の構造

■特徴と利点

1)構造の合理化と経済性
@ 鋼桁とRC橋脚の剛結ラーメン構造(下図)
支承を省略できる
耐震性能が向上する
たわみを低減できる

A 少数主桁構造の採用
合成床版やPC床版を用いることで、主桁間隔を大きくし、鋼重を低減できる

B ライフサイクルコストの軽減

2)耐風安定性
架設時の座屈,耐力向上のために横構を設置するので、耐風安定性が向上する

3)安全で経済的な架設工法
現場条件に合わせて種々の架設工法が採用可能
トラッククレーン張出し架設工法
トラベラークレーン張出し架設工法
TEGクレーン張出し架設工法



ページトップへ


※当サイトで使用している画像や文章には全て著作権がございます。
個人情報保護方針 ご利用に関して
Copyright(C)2008 Japan Bridge Association Allrights Reserved.