日本橋梁建設協会
ホーム English Member サイトマップ お問い合せ
Google   
橋建協会紹介 活動情報 技術情報 一般者向け情報 リンク
送出し(手延べ)工法
もどる
イメージ図
工法および特徴
1. 隣接地組ヤードにて手延べ機の組立および主桁を地組し、橋軸方向に順次送り出す。
2. 架設支間の送出し完了後、降下、横移動により、所定位置に据え付ける。
3. 送出し時の駆動装置は種々あり、個別工事の諸条件(規制時間等)により、最適装置を選定する必要がある。
  駆動装置および台車の組合せを下記に列記する。
  ・ウインチ+台車(自走→従走)
  ・送りジャッキ+台車(自走→従走)
  ・水平ジャッキ+台車(自走→従走)
  ・履帯式(キャタピラ式)駆動装置+台車(従走)
  ・ダブルツインジャッキ+台車(従走)
  
架設状況

ページトップへ


※当サイトで使用している画像や文章には全て著作権がございます。
個人情報保護方針 ご利用に関して
Copyright(C)2008 Japan Bridge Association Allrights Reserved.