日本橋梁建設協会
ホーム English Member サイトマップ お問い合せ
Google   
橋建協会紹介 活動情報 技術情報 一般者向け情報 リンク
技術短信(新技術・新工法)
鋼橋のアプローチ
鋼橋の製作
鋼橋の架設
橋梁年鑑データベース
技報データベース
鋼橋Q&A
協会誌「虹橋」
技術情報
鋼橋の統計データ


 HOME > 技術情報 > 技術短信
技術情報
鋼橋の架設

各種高耐久性床版の特徴
コンクリート系高耐久性床版には、鋼・コンクリート合成床版、場所打ちPC床版、プレキャストPC床版の3種類があり、それぞれの形式において一般的に下表に示す特徴があります。床版形式の選定にあたっては、施工条件、橋梁形式および各床版の構造特性を考慮したうえでこれらを総合的に評価のうえ最も合理的な床版形式を選定することが重要です。
なお、制約条件によっては優先すべき項目により選定される床版形式が異なる場合もあるため留意が必要です。
各種条件における床版形式の比較表
評価:◎最良、○優れる、△やや劣る
注意: '06 Design Data Book((社)日本橋梁建設協会、p.61、2006年4月)に掲載の内容を一部見直しています。
詳細はこちらから


ページトップへ


※当サイトで使用している画像や文章には全て著作権がございます。
個人情報保護方針 ご利用に関して
Copyright(C)2008 Japan Bridge Association Allrights Reserved.