日本橋梁建設協会
平成30年度「橋梁技術発表会及び講演会」開催のご案内

一般社団法人 日本橋梁建設協会では、これまで培った豊富な経験や実績を基に、橋梁建設・保全に関する様々な新技術の研究・開発に取り組んでいます。 この成果の一部を広く皆様に紹介させていただきたく『橋梁技術発表会』を下記の日程により開催いたします。  当協会の活動を広く皆様に向けて発信する企画ですので、多くの方々の参加をお待ちしております。

 なお、当発表会は、(一社)全国土木施工管理技士会連合会CPDSプログラムに認定予定です。

     
1. 開  催  日 : 平成30年11月21日(水)  13:00〜17:00
2. 会    場 : 銀座ブロッサム(中央会館)ホール
  〒104-0061 東京都中央区銀座2丁目15-6 
  Tel : 03-3542-8585
map
3. 参  加  費 : 無料
4. 申 込 方 法 : ホームページによる申込み (末尾の  参 加 申 込 み  ボタンよりお申込み下さい)
  なお受講票は発行いたしません。
  また、申込みいただいた方には来年度の開催のご案内をEメールにてご連絡させていただきます。
5. 申 込 受 付 : 平成30年10月10日(水)〜11月7日(水)  申込先着順 定員650名
6. プログラム

  開会の辞 一般社団法人 日本橋梁建設協会  会長 坂本  眞
  第1部:技術発表会(前半)
    1.動き出した鋼橋の大規模更新
  〜床版取替え工事における床版形式の選定から維持管理まで〜
    床版小委員会 床版施工部会  出口 哲義
    橋建協発行図書「床版取替え施工の手引き(平成30年9月)」を購入された方は、参考資料として
ご持参いただければ、なお一層ご理解いただけます。
    2.鋼橋の溶接継手の研究
    〜裏波を有する片面突合せ溶接継手の疲労強度〜
    製作小委員会 製作部会  武田 有祐
  第2部:伊藤學賞表彰式
  1.受賞者紹介
  2.表彰式
  3.伊藤學賞受賞者講演
〜「私」の橋梁技術史〜
    横浜国立大学 先端科学高等研究院
上席特別教授  藤野 陽三
  第3部:技術発表会(後半)
    橋建協報告
    『これからの墜落事故防止策』
    安全委員会
    3.「合成桁の設計例と解説」の改訂について
    〜こんなに変わった合成桁の設計〜
    設計小委員会 設計部会  掘井 滋則
    橋建協発行図書「合成桁の設計例と解説(平成30年2月)」を購入された方は、参考資料として
ご持参いただければ、なお一層ご理解いただけます。
  閉会の辞 橋梁技術発表会 実行委員会  委員長 上原  正
   
7. 問い合わせ先 :  一般社団法人日本橋梁建設協会 橋梁技術発表会事務局
  〒105-0003 東京都港区西新橋1-6-11 西新橋光和ビル9階
  TEL : 03-3507-5225 FAX : 03-3507-5235
  E-Mail : jba@jasbc.or.jp 
  URL : http://www.jasbc.or.jp/

大阪地区は10月5日(金)、中部地区は10月12日(金)、九州地区は10月26日(金)、北海道地区は11月2日(金)、東北地区は11月16日(金)、開催です。 申し込み等詳細はホームページでご確認願います。

※ 発表原稿のPPT及び論文は準備ができたものからホームページに掲載します。ご希望の方は下のボタンから
   ダウンロードをお願いします。

※ 発表会当日の発表論文、発表PPTの配布は行いませんので、必要に応じて印刷持参ください。

参加お申し込み
プログラム・概要 発表論文
発表PPT
ページを閉じる
当サイトで使用している画像や文章などは、全てに著作権があります。